FC2ブログ
2017/07/27

住宅ローン減税

住宅ローン減税とは。。。

住宅ローン減税とは、住宅ローンを利用して家を購入、新築・増改築した場合に、一定の条件を満たせば入居した年から最大10年間にわたって、住宅ローンの年末残高の一定割合が所得税から控除されるものです。
サラリーマン世帯の場合は「控除」というとイメージが湧きづらいかもしれませんが、支払った所得税が年末調整で還元される仕組みです(1年目だけ確定申告が必要)。また、所得税から控除しきれなかった分については住民税から控除されるし仕組になっています。(その年分の課税総所得金額等の7%、最高13万6500円が上限。)

●住宅ローン減税が受けられる主な要件
 ・合計所得金額が3,000万円以下の方
 ・その者が主として居住用に供する家屋であること
 ・住宅の床面積が50㎡以上
 ・住宅を取得した日から6か月以内に入居し、12月31日までに引き続き居住していること
 ・住宅ローンの借入期間が10年以上

●控除額  = 借入金等の年末残高 × 控除率(1%)  
  一般住宅  最大400万円(控除対象借入限度額4,000万円)
  認定長期優良住宅認定低炭素住宅  最大500万円(控除対象借入限度額5,000万円)

●控除期間  10年間

この制度は平成31年6月30日までに入居した方が対象になります。
スポンサーサイト